女性が出会い系サイトに求めるもの

uchu
男性向けのコンテンツ―という印象が強い『出会い系サイト』ですが、女性も結構楽しんでいます。しかし、彼女らの目的を知る人は少ないのでは?と感じます。下記は一例に過ぎませんが、こうした考えの女性会員がいる―ということを念頭にアクションを取れば、幾分かメッセージ返信率が上がるかもしれません。
・チヤホヤされたい
 ご存じの通り、出会い系サイトの会員は男性が多数、女性が少数という歪みっぷりです。そのため女性は、無条件で異性のアプローチを得られ、優越感に浸ることが出来ます。この優越感に病み付きとなり、出会い系サイトを継続利用している女性会員は本当に多いです。
・プライベートな時間がない
 キャリアウーマンに多い理由です。恋愛をしたいが時間がない・・・というキャリアウーマンにとって、出会い系サイトは欠かせない遊び場。先ほどもお話しましたが、女性は無条件でアプローチを受けられますからね。都合が合う男性に連絡を入れれば、時間を無駄にすることなく恋愛を楽しめるわけです。
・結婚したい
 最近では、婚活サイト代わりに出会い系サイトを利用している女性もいます。婚活サイトは多額の利用料が必要ですが、出会い系サイトは殆ど無料ですからね。実際に夢をかなえた女性も多いらしく、それらしい体験談をよく見かけます。

メルアド交換で注意をしておきたいこと

umi
出逢い系サイトで知りあった相手とメルアド交換をする際に注意をしておきたい点をまとめておこう。

まず認識しておきたいのはメルアドが大切な個人情報であるということだ。
相手にメルアドを教えるのは、相手しか見ることができないシーンで交換することだ。

たとえばパーティーチャットであるとか掲示板であるとかで教えてしまったら、教えたくない人たちまであなたのメルアドを知ることになる。
メルアドというのは売買されるほど貴重な情報なのである。
下手に知られると大量なスパムメールが配信されてきたり、他人に悪用されたりしてしまう。
メルアドは住所や名前や電話番号と同じように大切な情報だという認識をしてほしい。

メルアド交換する場合もケータイアドレスよりも、パソコンのYahoo!メールやGmailやHotmailやなどのフリーメールにしておくようにしよう。
フリーのメルアドなら直接のやり取りもできるが、ある程度の距離感を保つこともできる。
メールの確認のケータイ電話と違い、自分のペースですれば良いのだ。
夜中にメール着信で起こされることもない。

それと、相手が信用できると判断してから教えること――安易に誰もかれもに教えないことが重要だ。

検索結果を左右する『プロフィールページ』

kappuru-
まさかとは思いますが、白紙(未設定)のままプロフィールページを放置している会員はいませんよね?出逢い系サイトにおいて、プロフィールページは広告看板であり、また検索機能に使用されるアンテナでもあります。

プロフィールページが白紙だと、当然ながら検索結果には引っかかりません。そうなると、本来得られるはずだった『出逢いの切っ掛け』を得ることが出来ず、出逢いはどんどん遠のきます。事実、出逢い系サイトで惨敗している会員の多くは、プロフィールページに原因を持っています。

全ての欄を埋める必要はありませんが、埋めればそれだけ検索結果に食い込みやすくなります。マイナーだと感じるキーワードも、思い切って記入しておきましょう。出逢いの切っ掛けと言うのは、意外なところで発生するものです。

一通りプロフィールページを設定したら、検索機能で自分を検索してみましょう。想定したキーワード検索の結果、あなたは表示されましたか?表示されない場合は、今一度プロフィールページを弄りましょう。

また、女性好みのキーワードを、プロフィールページに含めてしまうのも手です。検索される可能性が高いキーワードを含めれば、それだけ女性へのアプローチに繋がります。ただし、その場合は使用キーワードに関する知識を仕入れておくこと。キーワードに関するメッセージが届いた時、返信出来ないと意味がないからです。

出合い系サイトの利用手続き

出逢い系サイトの利用手続きは、有料・無料問わず非常に簡単です。初心者でも、10分程度で完了します。

1.メールアドレスを用意する
  出合い系サイトからの連絡を受け取るメールアドレスを用意します。どのアドレスを使用するかは個人によりますが、メインアドレスの使用は出来るだけ控えましょう。

2.利用規約及びプライバシーポリシーをチェックする
  登録前には、必ずこの2ページに目を通してください。特に、無料サイトは注意が必要です。完全無料―と謳いながら、実は利用料が掛かる(無料なのは登録のみ)。提携サイトに同時登録が行われる―なんてことが多いのです。

3.仮登録~本登録
  会員の登録は、仮登録~本登録という流れで進みます。本登録ページのURLは、仮登録の際に入力したメールアドレスに届きます。URLには有効期限があるので、出来るだけ早く本登録を完了しましょう。

4.支払方法の設定(有料タイプのみ)
  有料タイプを利用する場合は、利用開始の前に『支払方法』を設定する必要があります。支払にはクレジットカードが便利ですが、今一つ信用できない出合い系サイトの場合は、別の方法が賢明でしょう。

以上3ステップ(有料タイプは4ステップ)で、利用手続きは完了です。プロフィールページを設定したら、さっそくアプローチを開始しましょう!

出合い系サイト体験談

僕の出合い系サイト:トホホな体験談

僕は群馬県太田市に住む28歳の会社員で結婚している。
出合い系サイトをしていたのは結婚する前なので今から5年前のことだ。
その当時は「有料」出合い系サイトは10,000円以上していたので、「完全無料」な出合い系サイトを使っていた。
そして「有料」出合い系サイトはサクラに騙されるという噂もあったから避けていた。

で、会えたか会えなかったかというと、会えた!
メールのやり取りをして2日後にあった女性もいたが、その時は相手の女性から「会いたい!」と言ってきたんだ。
<怪しいな>と思ったが、出合いを目的にしているので会いに行った。
年齢は30歳前後で派手なタイプの女性だった。

お茶をしてではホテルへという段階で「40,000円だけれど大丈夫か?」ということを言われ、<なんだ売春しているプロか>とわかった。
気まずい雰囲気になったが40,000円を出してまでSEXしたいタイプでないから断った。
今から考えたら、ホテルに入る前にそういった料金のことを言うのは良心的な人だったのかもしれない。
ホテルにチェックインをしたら最低でもホテル代が必要になるから……。

あと一人の女性は僕から積極的にアプローチした人妻だ。
彼女には焦らされて出会えたのは1カ月後だったと記憶している。
人妻というとセクシーな響きがあるが、実際あったら30歳代のヨレヨレの女性だった。

会ってホテルに言ってSEXはしたが、それ一回きりで終わり。
メールのやり取りをして数日後には出会ってホテルへ――そういうパターンが多いようだが、僕の場合はそんなにトントン拍子にはいかなかった。

会うまでに日数がかかったり、会ってもその日はホテルに誘えなくて品定め的に終わることも多い。
食事したりお酒を飲んで帰ってしまうことも多かった。
僕はさほど高望みはしないので、誰でもホテルに行く気まんまんだったが、相手が僕を気に入らなかったんだと思う。
会えないことはないが週刊誌に書いているほど上手くはいかないのが現実だ。